人工授精とは?費用面でも身体面でも負担が低い!


毎年10万セット販売実績最強妊活サプリ【ミトコア】
高齢出産 ブログ

人工授精の妊娠率は、約10~20%程度

人工授精とは、人為的に精液を生殖器に注入することによって妊娠を実現することを目的とした、生殖医療技術の1つです。人工授精は人間の不妊治療に対する生殖医療、家畜の生産や育種、養殖漁業等の目的で行われており、家畜については250年程度の歴史があります。

また、アムールトラ、オランウータン、ハンドウイルカ、シャチ等の希少動物の種の保存の目的でも行われています。
さらに、植物においては、人工授精に相当する行為を人工授粉、体外受精に相当する行為を試験管内受粉などと呼んでいますが、これらは実生性野菜や果実の生産、自家不和合性を回避する育種等の目的で行われています。

ちなみに授精 (insemination) とは、精液を人為的な手法によって(哺乳類の場合は)体内にかけて生殖の便宜を図ることであり、受精 (fertilization) とは、精子と卵子が結合すること(これについては論議があり、核の結合をもって受精とみなすとの考え方もあります)を指します。

「人工受精」との語は、一般に人工授精や体外受精を示す総称として使われていますが、「じんこうじゅせい」という読みが誤認を招きやすくなってしまうため、専門業界ではあまり使用されなくなっています。

様々な場合に適用される人工授精

人間における人工授精の適用は、精子の運動性や数に問題があり妊娠に困難がある場合、女性生殖器の狭窄などによって精子の通過性に問題がある場合、性交障害がある場合等に行われます。
その手法としては、精子を注射器のような器具を用いて子宮内に注入することによって行われますが、かつては採取した精液をそのまま注入していました。

現在では精液を遠心分離などによって精製し、活性の高い精子を選別しています。

これにより、人工授精の効率向上と、精液中に存在するプロスタグランジンの影響などによる発熱等の副作用の低減を図っています。

このとき、卵細胞の活性化や黄体ホルモンの投与などが行われ、さらに排卵誘発剤の投与も検討されますが、これには多胎のリスクを増加させてしまうという問題もあります。

人工授精における精子の提供者によって種類があります。

人工授精における精子の提供者については、

  • 配偶者間人工授精(AIH:Artificial Insemination by Husband)
  • 非配偶者間人工授精(AID:Artificial Insemination by Donor)

に区別されます。

日本においては非配偶者間人工授精は、1948年に慶應大学病院で始まっており、これまでに数千人から1万人以上はこの非配偶者間人工授精によって生まれたと見られています。
海外では精子の仲介をするビジネスが盛んです。

しかし、その一方で、そういった企業や医療機関を介在しない非配偶者間人工授精の例も、珍しくはなく、例えばアメリカでは、家庭で容易に精子を採取できるキットや、家庭で女性だけで人工授精できる専用のキット(Zavos Home Insemination Device)が17ドル程度で販売されています。

人工授精では、採取した精液を、カテーテルという細い管を使って子宮に直接注入し、精子を卵子が受精しやすいところに入れますが、この治療法が選択される具体的なケースは次のようなケースとなります。

子宮頚管の中の粘液分泌が正常ではない場合、タイミング療法やHMG-HCG療法を行ってきてうまくいかない場合、男性の精子が少ない場合(4000万程度まで)、無精子の場合(AID)、性交障害(ED 勃起障害 女性器異常など)等の場合において、この治療法が選択されます。

人工授精の妊娠率は施設によってばらつきがありますが、約10~20%程度

人工授精の妊娠率は施設によってばらつきがありますが、約10~20%程度となっており、人工授精で妊娠する場合、4回までで妊娠する率は90%を超えています。
したがって、これが一つの目安になり、通常、クリニックでは約6~8回程度行って、うまくいかない場合は次の段階である体外受精に進む場合が多くなっています。

日本では人工授精は健康保険の対象となっていません。

現在、人工授精の場合、1回につき数万円の費用がかかるとされており、2007年現在においては、日本では人工授精は健康保険の対象となっていません。

ただし、地方自治体などによる公的補助が一部で行われており、また、体外受精などは「特定不妊治療」として補助が行われているが、国や自治体の一部負担に留まっているのが現状です。

なお、EU諸国では北欧地方を中心に既に公的補助の対象とされています。

人工授精は費用面でも身体面でも負担が低く、選択しやすい治療法の一つとなっており、特に最近ではセックスレスやEDの方がこの治療法を選択されるケースが増えているようです。

また、体外受精と体外受精のウエイティング期間に人工授精でチャレンジするというクリニックもあるようです。
このようなクリニックを利用し、妊娠の可能性を広げる選択肢を自分で作っていくようにするとよいのではないでしょうか。


35歳以上なら【ミトコア】で妊娠力アップ!

妊活サプリメント ランキング 人気 >>時間を無駄にしない為に、本当に効果のあるサプリメントを選びましょう!

関連記事


毎年10万セット販売実績最強妊活サプリ【ミトコア】

妊活必須成分「葉酸」摂ってますか?

yousan

ピックアップ記事

  1. 妊活サプリメント ランキング 人気
    30代、40代で妊娠を目指すならこのサプリメント!口コミや評判は? 晩婚化が進み、30代、40…
  2. 内田恭子
    体を冷やさないことで2人目不妊卒業 私は二人目を妊娠するときになかなか妊娠まで結びつかず、不妊…
  3. ミトコア 高齢出産
    ブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」で冷え性対策 女性の基礎代謝は10代をピークに低下し…
  4. 帝王切開 傷跡
    現在、私は、43歳の専業主婦です。 7歳になる小学校2年生の娘と5歳になる幼稚園年中の息子がい…
  5. 羊水検査
    1人目の子供を妊娠・出産したのは28歳でした。 何も考えずにすぐに妊娠することが出来たので、2…
  6. ミトコア 高齢出産
    ミトコンドリアに作用して妊娠率を上げる「ミトコア300mg」 高齢出産である35歳以上になると…

東尾理子さん(40)が妊娠できたサプリ!

ピックアップ記事

  1. 二人目 高齢出産

    二人目は初産後から10年後-37歳 【高齢出産体験ブログ-3】

  2. 妊活して高齢出産

    妊活を頑張ってやっと・・-35歳 【高齢出産体験ブログ-4】

  3. 帝王切開 高齢出産 ブログ

    帝王切開でなんとか出産・・-40歳 【高齢出産体験ブログ-5】

  4. 前置胎盤

    前置胎盤とは?症状と原因。高齢出産のリスク

  5. 永作博美

    永作博美さんの場合-39歳 【高齢出産の芸能人・有名人】

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代後半赤ちゃん待ち)へ
ページ上部へ戻る