毎年10万セット販売実績最強妊活サプリ【ミトコア】
帝王切開 傷跡

「凍結融解胚移植」と呼ばれることもあります。

不妊治療の体外受精や顕微授精においては、受精卵を培養して子宮に戻す「胚移植」が行われます。
この胚移植の方法には「新鮮胚移植」と「凍結胚移植」の2つがあり、名前だけを聞くと新鮮胚移植のほうが成功率が高そうですが、実際は凍結胚移植のほうが、妊娠率が高いといわれています。

凍結胚移植の方法は??

体外受精や顕微授精では、女性の体から卵子を取り出して体外で精子と受精させ、その受精卵を培養して子宮内に戻しますが、この際、採卵した周期で培養から胚移植までを行うのが新鮮胚移植です。
そして、培養した後で一度凍結保存して時期を改め、よいタイミングで解凍(融解)してから胚移植するのが凍結胚移植となっています。

凍結胚移植は凍結した後に融解してから移植するので、「凍結融解胚移植」と呼ばれることもあります。
体外受精や顕微授精で採卵する際には、排卵誘発剤を使って卵巣を刺激します。

そのため、せっかく受精卵を培養できたとしても、卵巣の腫れやホルモンバランスの乱れなどにより、女性の体が妊娠しにくい状態になっていることがあります。
したがって、採卵してそのまま新鮮胚移植を行うよりも、凍結胚移植によって胚を一時的に凍結し、体を妊娠しやすい状態に整えてから移植したほうが妊娠率が高くなるというわけです。

受精卵を冷凍することに対して不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、安全性が確保された技術であり、従来はゆっくり温度を下げて凍らせる緩慢凍結法が行われていましたが、現在では超急速ガラス化保存法と呼ばれる新技術で高速冷凍することで、胚の細胞が傷ついてしまう可能性も少なくなりましたので、安心できると思います。

凍った胚を解凍するときも、超急速加温法を用いることで、移植日当日に細胞を傷つけることなく、すぐに健康な胚を使えるようになっています。
ただ、どちら方法も胚がダメージを受ける可能性はゼロではなく、技術が必要になりますが、不妊治療の方法は日々進歩しています。

凍結胚を移植するのは、次の2通りの方法があります。

ホルモン補充法は、本来の排卵を抑制し、ホルモン剤を使って人工的に子宮内膜をつくり、受精卵を戻す方法です。
ある程度コントロールできるので、スケジュールが立てやすいというメリットがあります。

自然周期法は、月経周期が順調な人はホルモン剤を使う必要がありませんので、子宮内膜が着床しやすい環境になる自然排卵を見計らって、子宮内に受精卵を戻す方法です。

ただし、最適なタイミングを計るためにマメな通院が必要となります。

新鮮胚移植と凍結融解胚移植の妊娠率を比べると、凍結融解胚移植においては、子宮内膜が着床に適した状態の周期を選んで胚移植のタイミングを決定しているため、凍結融解胚移植のほうが高くなります。

ちなみに、日本産婦人科学会が発表している2010年の体外受精の治療成績をみてみると、新鮮胚を用いた場合の移植あたりの妊娠率は22.3%なのに対して、凍結胚を用いた場合のそれは32.6%となっています。

胚を凍結保存し、胚移植に適した周期に融解して移植することで妊娠率が向上することが確認

また、新鮮胚移植と凍結胚移植の妊娠率を比較した最新のシステマティックレビューにおいても、胚を凍結保存し、胚移植に適した周期に融解して移植することで妊娠率が向上することが確認されています。

さらに、2007年から2008年に日本の新生児の出生時体重を全体平均と新鮮胚移植で生まれた子ども、凍結胚移植で生まれた子どもの平均を調べたところ、全体平均は3,059g、新鮮胚移植は3,009g、凍結胚移植は3,100gとなっており、凍結胚移植で生まれた子どもが最も大きいことがわかりました。

また、凍結胚移植で生まれた子どもの低出生体重児のリスクは新鮮胚移植で生まれた子どもに比べて低いこと、そして、新鮮胚移植で生まれた子どもの間でも、卵巣刺激で採卵した場合は自然周期で採卵した場合に比べて低出生体重児のリスクが2倍になること、さらに、胚の培養期間では初期胚で移植した場合は長く(胚盤胞まで)培養して移植した場合に比べて、低出生体重児のリスクが高いことが確認されています。

そして、凍結融解胚移植によって生まれた子どもの健康状態は、新鮮胚移植によって生まれた子どもに比べて何ら遜色のないことがシステマティックレビューによって明らかとなりました。

体外受精や顕微授精などの高度生殖補助医療では、卵子と精子を体外に採りだして、受精させます。

そして、胚にまで培養し、子宮に戻すことで妊娠を目指します。
これによって、胚に育つまでのプロセスが確実になるだけでなく、培養環境は最高と考えられる状態に整うことになりますが、そのために胚の着床成育環境が損なわれることがあります。

それをクリアするための手段が凍結胚移植なのです。凍結胚移植は妊娠率が高くなるので、早期に体外受精を成功させたい人におすすめの方法ですが、デメリットとしては、新鮮胚移植に比べて治療期間が長くなり、薬代などの費用がかさむことが挙げられます。

しかし、早期に妊娠を望むのであれば、コスト面を考慮しても凍結胚移植にチャレンジする価値はあるといえます。

既に体外受精に取り組んでいる人も、これから取り組む人も凍結胚移植を視野に入れて治療法を検討するのが良いでしょう。


35歳以上なら【ミトコア】で妊娠力アップ!

妊活サプリメント ランキング 人気 >>時間を無駄にしない為に、本当に効果のあるサプリメントを選びましょう!

関連記事


毎年10万セット販売実績最強妊活サプリ【ミトコア】

妊活必須成分「葉酸」摂ってますか?

yousan

ピックアップ記事

  1. 妊活サプリメント ランキング 人気
    30代、40代で妊娠を目指すならこのサプリメント!口コミや評判は? 晩婚化が進み、30代、40…
  2. 内田恭子
    体を冷やさないことで2人目不妊卒業 私は二人目を妊娠するときになかなか妊娠まで結びつかず、不妊…
  3. ミトコア 高齢出産
    ブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」で冷え性対策 女性の基礎代謝は10代をピークに低下し…
  4. 帝王切開 傷跡
    現在、私は、43歳の専業主婦です。 7歳になる小学校2年生の娘と5歳になる幼稚園年中の息子がい…
  5. 羊水検査
    1人目の子供を妊娠・出産したのは28歳でした。 何も考えずにすぐに妊娠することが出来たので、2…
  6. ミトコア 高齢出産
    ミトコンドリアに作用して妊娠率を上げる「ミトコア300mg」 高齢出産である35歳以上になると…

東尾理子さん(40)が妊娠できたサプリ!

ピックアップ記事

  1. 二人目 高齢出産

    二人目は初産後から10年後-37歳 【高齢出産体験ブログ-3】

  2. 妊活して高齢出産

    妊活を頑張ってやっと・・-35歳 【高齢出産体験ブログ-4】

  3. 帝王切開 高齢出産 ブログ

    帝王切開でなんとか出産・・-40歳 【高齢出産体験ブログ-5】

  4. 前置胎盤

    前置胎盤とは?症状と原因。高齢出産のリスク

  5. 永作博美

    永作博美さんの場合-39歳 【高齢出産の芸能人・有名人】

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代後半赤ちゃん待ち)へ
ページ上部へ戻る